グルメスロット

【東京都目黒区】全国こども福祉センター理事長と『15歳からの社会保障』著者が語る対談イベント開催

access_time create folder生活・趣味
【東京都目黒区】全国こども福祉センター理事長と『15歳からの社会保障』著者が語る対談イベント開催


内(nei)閣総(zong)理大臣表彰受賞団体「全国こども福祉センター」理事長の荒井(jing)和樹氏と、刊行1万3千部『15歳からの社会保障』の著者・横山北斗氏が語る対(dui)談イベント「個人と環境に働(dong)きかけるソーシャルワーク実践(jian)について考える -出(chu)版に焦点(dian)を当てて-」が東京大学駒場キャンパスにて、12月(yue)16日(土)に開催される。

荒井氏、横山氏がソーシャルワーク実践について語る

“ソーシャルワークは、社会(hui)(hui)変革(ge)と社会(hui)(hui)開(kai)発、社会(hui)(hui)的結(jie)束(shu)、および人々のエンパワメントと解放を促進する、実(shi)践に基づいた専(zhuan)門職(zhi)であり学問である”。これは、国(guo)際ソーシャルワーカー連盟の総会(hui)(hui)で採択されたソーシャルワークの国(guo)際的な定義だ。

「個人と環境に働(dong)きかけるソーシャルワーク実践(jian)について考える -出(chu)版に焦点を当(dang)てて-」ではその定義(yi)を踏まえ、「出(chu)版」に焦点を当(dang)て、個人と環境に働(dong)きかけるソーシャルワーク実践(jian)について考える機会(hui)をつくりたいと考え企画された。


荒(huang)井氏の著(zhu)書『子(zi)ども・若者が創るアウトリーチ』では、子(zi)どもを支援対(dui)象(xiang)者として捉えるのではなく、解(jie)決に取り組む主体として認めることの重要性(xing)と、支援を拒む子(zi)どもや若者の立場からアウトリーチの目的や方法について問い直す。

また、横山(shan)氏の著書『15歳(sui)からの社(she)会(hui)保障(zhang)』では、申(shen)請主義による社(she)会(hui)保障(zhang)制(zhi)度(du)のアクセシビリティの問題(ti)を、権利(li)の問題(ti)、スティグマの問題(ti)として捉え、若者が社(she)会(hui)保障(zhang)について知る重(zhong)要(yao)性やその方法について言及(ji)する。

意見交換やQ&Aセッションも

「個人と環境に働(dong)きかけるソーシャルワーク実践について考える -出版(ban)に焦点を当てて-」では、荒井(jing)氏と横山氏が、どのような問題を認(ren)識(shi)し、それぞれの著書(shu)を含め、どのように取り組んできたのか、その経験や事例を共有する。その後(hou)、意見交換やQ&Aセッションなどを予定している。

参(can)加希望者は申し込みフォームより申し込みを。

登壇者プロフィール

荒井和樹氏は、全国こども福(fu)祉センター 理事長、中京学院大(da)学短期大(da)学部・専任講師、保育士・社会福(fu)祉士。主な著書に『子(zi)(zi)ども・若(ruo)者が創るアウトリーチ 支援を前(qian)提としない新(xin)しい子(zi)(zi)ども家庭福(fu)祉』(せせらぎ出(chu)版)がある。

横山北斗(dou)氏は、Social Change Agency代表理(li)事、武蔵野大学人(ren)間科学部・非常(chang)勤(qin)講師、社(she)会福祉士。著書に『15歳からの社(she)会保障 人(ren)生(sheng)のピンチに備えて知っておこう!』(日(ri)本評論社(she))がある。

この機会に、「個(ge)人と環境に働きかけるソーシャルワーク実践(jian)について考える -出版(ban)に焦点を当(dang)てて-」に参加してみては。

■個人と環境に働きかけるソーシャルワーク実践について考える -出版に焦点を当てて-
開催日時:12月16日(土)14:00~16:00(開場13:30~)
会場:東京大学 駒場キャンパス KOMCEE303
住所:東京都目黒区駒場3-8−1
申し込(込)みフォーム:

(角谷良平)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folder生活・趣味
ストレートプレス

ストレートプレス

ストレートプレスは、トレンドに敏感な生活者へ向けたニュースサイトです。ファッション、ビューティー、ライフスタイル、モノの最新情報を“ストレート”に発信(xin)します。

ウェブサイト:

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。