グルメスロット

野菜を好きになる保育園直伝!野菜嫌い克服に役立つ野菜の摂り方

access_time create folderグルメ
野菜を好きになる保育園直伝!野菜嫌い克服に役立つ野菜の摂り方

野(ye)菜(cai)(cai)を好(hao)きになる保育(yu)園(yuan)ベジ・キッズでは、「乳(ru)幼(you)児期から野(ye)菜(cai)(cai)の楽しさ、大切さ、おいしさを知り、野(ye)菜(cai)(cai)を好(hao)きになってほしい」という想いを込めて、0~2歳(sui)の子どもたちを対象に野(ye)菜(cai)(cai)を使った保育(yu)を実践。日々の活(huo)動の中(zhong)で培(pei)った、野(ye)菜(cai)(cai)を好(hao)きになってもらうコツと、色々な種(zhong)類の野(ye)菜(cai)(cai)を食べてもらうための取り組みや、味(wei)や食感など調理(li)する上での工夫を紹(shao)介してもらいました。

子どもたちに野菜を好きになってもらうコツ

同園(yuan)の運営管理者や施設長は、「野(ye)菜(cai)を嫌(xian)いになる前に、好きになるチャンスが先に来ている」と言います。子どもたちが野(ye)菜(cai)を好きになるコツとして、どのような取り組(zu)みを行(xing)っているのでしょうか。

野菜を育て、観察して学ぶ

同園での取り組み

① 食を中心とした五感で過ごす空間作り:施設中央にキッチンを配置することで、普段無意識で過ごす中でも、子どもたちの目線で「調理をしている人や手元が見えている」設計に
② 毎日野菜に触れる:その日の昼食で使う野菜に調理前に触れ、五感で野菜と向き合う時間を作る
③ 自分で育ててみる:トマトやパプリカ、葉物野菜などを育てる農体験を通して、野菜の命や学びを実感
④ お手伝いする:調理工程の一部を手伝ったり、自分で作って食したりする経験をする
⑤ 野菜を使った遊び:その野(ye)菜(cai)がもつ特(te)徴をお題にした「野(ye)菜(cai)カルタ」や「野(ye)菜(cai)パズル」、調理時に出た端材を使(shi)った「野(ye)菜(cai)スタンプ」など、基本保育で野(ye)菜(cai)に置き換えられるものには野(ye)菜(cai)を使(shi)い、食以外のシーンでも接点を作っている

野菜を食べてもらうための工夫

1日に必要(yao)な野菜摂(she)(she)取量は、1~2歳(sui)の場(chang)合180gが推(tui)奨されています(3~5歳(sui)は240g、6~7歳(sui)は270g、8歳(sui)以(yi)(yi)上(shang)は大(da)人と同じ350gです)。同園では、1日の目標量の半分以(yi)(yi)上(shang)となる120g以(yi)(yi)上(shang)を昼食(shi)とおやつで摂(she)(she)れるよう、日々様々な工夫を凝らしているとのことで、子どもたちが好きな味付(fu)け(食(shi)材によって調(diao)整は必要(yao)ですが、子どもが好みやすい味付(fu)けの比(bi)率)や風味、食(shi)材、食(shi)感を教えていただきました。

子どもが好みやすい味付け、食感を工夫

1. 味付けや風味:「甘み」や「香ばしさ」のあるものなどが好まれる

・甘じょっぱい味付け(比率例:醤油1:酢1:砂糖1:ごま油1)
・甘酸っぱい味付け(比率例:醤油2:砂糖2:酢1)
・ごま油風味
・カレー風味など

同園での取り組み・子どもたちの反応

ベジ・キッズの子どもたちに鉄板人気のレシピ3選はコチラ
Coming Soon!

2. 食材:「食べやすさ」や「単体でも味が感じられる」ものが好まれる

・野菜(さつまいも、かぼちゃ、人参、コーン、タマネギ)
・加工品(ひきわり納豆、チーズ、豆腐、鰹節)
・魚(鯖、鮭、しらす)
・麺(mian)類(lei)(うどん、春雨) など

同園での取り組み・子どもたちの反応

野菜:子どもたちがスプーンやフォーク、箸などで取りやすい大きさ(1~2cmくらいなど、食べる子どもに応じた一口サイズ)にすると、食べ進みが良くなる。   

:魚(yu)自体(ti)にパサつきがない、もしくは味付(fu)けを通してしっとり仕(shi)上げると食べやすくなる(魚(yu)は軟らかく食べやすいため、子どもたちは全般的に大好き)。

麺類:短くカットした麺類(提供前(qian)に1~2cmくらいにキッチンばさみで切る)は、食(shi)べやすいため子どもたちに好まれる。中(zhong)でも、春雨は定番おかわり食(shi)材。

3. 食感:「軟らかく食べやすい」もの、「スプーンですくいやすい」ものが好まれる

・もっちり(手でつまんで食べられるもの)
・しっとり(口の中が渇くと食べにくいため)
・のどごしの良さ(食べやすく、つるっとした食感のもの ※誤嚥(yan)には注意) など

同園での取り組み・子どもたちの反応

もっちり:野菜チヂミやお好み焼きなど、手でつまんでもバラバラにならないため、月齢の低い子(zi)どもでも食(shi)べやすい。

しっとり:パサつく食感(gan)は口内の水(shui)分(fen)が取(qu)られるため食べづらい。パサつきを感(gan)じる魚や肉(rou)にたれやクリーム状のものがのると、しっとりとした食感(gan)になり食べやすくなる。マフィンなども好まれる。

のどごしの良さ:食(shi)べやすさが増すため、納豆や豆腐、春雨など、つるっとした食(shi)感を子どもたちが好んでいる。

最後に

子どもが野菜好きになるコツと、食べたくなる味や食感を覚(jue)えて、様々な野菜を摂ってもらいましょう。


取材協力:

ベジ・キッズ

心身の発達の基盤(pan)が形成(cheng)される乳幼児(er)期に、基本(ben)的な保(bao)育とともに、食(shi)(shi)育を日常的に行い食(shi)(shi)べることの大(da)切(qie)さを伝(yun)えていく、「野(ye)菜(cai)(cai)を好きになる保(bao)育園」。味覚形成(cheng)に大(da)きな影響を与える時期に、五(wu)感でじっくり野(ye)菜(cai)(cai)と遊ぶことや野(ye)菜(cai)(cai)の栽培、調理のお手伝(yun)いなど「野(ye)菜(cai)(cai)と触れ合える食(shi)(shi)育」を行うことで、野(ye)菜(cai)(cai)のおいしさ、楽しさ、大(da)切(qie)さを伝(yun)え、同時に生(sheng)(sheng)涯にわたり大(da)切(qie)な『生(sheng)(sheng)きる力(li)』を育みます。

最終更新:2023.12.13

文:VEGEDAY編集部
写真:ポピンズエデュケア、カゴメ
監修:ポピンズエデュケア、カゴメ
出典:
独立行政法人農畜産業振興機構「子どもの健康と野菜摂取について」(1~2歳、3~5歳、6~7歳、8歳以上の一日の野菜摂取量)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderグルメ
VEGEDAY powered by KAGOME

VEGEDAY powered by KAGOME

カゴメが運営する、野菜をもっと楽しんでもらえるように、もっと好きになってもらえるように、皆(jie)さんがずっと健康でいられるように、お役に立てる情報(bao)を提供するメディアです。

ウェブサイト:

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。