グルメスロット

雨が降ったら釣れやすい!?雨の日のバス釣り攻略法!!

access_time create folder動画

皆様、おはこんばんにちは!!
今回のテーマは「雨の日のバス釣り」!!
バス釣りをする上で、恐らくよく聞いたことがある「雨の日は釣れる」という噂。。。。
実際に、雨の日のバス釣(diao)りにおいてフィールドやバスにどんな影響(xiang)がおきているか詳しくお話していこうと思います。

拙い文(wen)章ではありますが、お時間があれば是非(fei)観て行(xing)ってください!!

雨の日のバス釣りってどんなイメージ??

皆様、雨の日に釣りに出掛けた経験はありますでしょうか??一般的に、釣り、キャンプやバーベキューなどレジャーと呼ばれるのものは晴れた気持ちの良い天候に行くイメージですよね。ただし、釣りに関しては雨や曇りなど天候が悪い状況の方が釣果に良い影響をもたらすケースがあります。
勿論、場所や状況によっては逆に釣(diao)りにくくなってしまう場合もあるので注意は必要(yao)です。

さらに晴れとは違い、雨の日の釣行はより危険を伴うので安全・快(kuai)適にするアイテムなども必要になってきます。雨の釣行の知(zhi)識が浅いと、事故が起きてしまう事もあるのでしっかり準備(bei)をして臨みましょう。

雨が与える釣り場への影響

バスの活性

まず初めに、雨の日が釣れるといわれる要因としてバスの活性が上がると言われています。
低気圧(ya)に切り替わる事で、バスの浮袋が膨張しバスが水面近くに動(dong)きやすくなることと、太陽光や外敵となる鳥(niao)などの危険が薄れ活発に動(dong)き回る傾(qing)向があります。

また、雨が水面を叩く音によってこちら側の足音や物音がかき消され、バスに与えるプレッシャーが低くなる嬉しい状(zhuang)況(kuang)でもあります。さらにバスの意識が水面に向く事でトップウォーターでの釣りを楽しむこともできます。

水の濁り

雨が降ることによってフィールドに起こりやすい現象は水が濁るということ。
 水中が濁(zhuo)ることで、バスの視覚が悪くなるのでルアーで騙しやすくなり、口を使わせやすくなると言(yan)われています。ただし、強い濁(zhuo)りの場合はルアーを見(jian)つけてもらいにくくなる可能性(xing)があるので、音や動(dong)きの大きなルアーをセレクトする必要(yao)があります。

言ってしまえば、人間(jian)でいうところの急(ji)に目の前が暗(an)闇になった状(zhuang)況に近いと思(si)います。急(ji)に目の前が暗(an)くなったら物や壁などに寄りかかりたくなりますよね。バスも似たような心理になるので立木などのストラクチャーに寄りかかります。その状(zhuang)況を逆手(shou)に取り、ストラクチャーへのアプローチを強めることで良(liang)い結(jie)果が出ることもあります。

雨による水温の変化

季(ji)節(jie)よって、雨で好(hao)転(zhuan)する場(chang)合(he)と逆に悪影響をもたらす場(chang)合(he)もあります。極端な季(ji)節(jie)が分かりやすいと思いますので、夏と冬の場(chang)合(he)で説明(ming)します。

夏(xia)時期の雨(yu)(yu)は、基本(ben)的に好影響を与えてくれるケースが多いです。夏(xia)場は気圧も高く水温も高い上に水中の酸素量も少なくなる為、バスも夏(xia)バテ気味(wei)になり動きも重たくなります。雨(yu)(yu)が降るとそのマイナス要因をすべて解決してくれます。ただし、夏(xia)時期は台風や雷などゲリラ豪(hao)雨(yu)(yu)が多い季節(jie)ですので釣行の際は注意しましょう。急な大量の雨(yu)(yu)になると水中の水温など環(huan)境が短時間(jian)で大きく変化する為、魚の活性(xing)が一時的に下(xia)がり極端に釣れなくなる事もあります。

冬に雨、また雪が降ったら悪影響と思いきや、なんとバスの活性は上がり釣りやすくなることが多いのです。冬に関しても低気圧は良い方向に働いてくれるようです。ただし、1月~2月の中旬くらいの厳寒期と呼ばれる時期は何をしても釣れない厳しい状況がほとんどで、狙うなら12月もしくは2月の後半がおススメです。
冬場のバス釣りはバスの状況が良(liang)くても、こちら側のメンタルが寒さで折れがちになるのでしっかり防寒対(dui)策をしましょう!!時(shi)間(jian)などもなるべく暖かい時(shi)間(jian)で集中して釣りをすることが大事です。

雨天釣行の注意点

雨の日の釣行は、様々な危険があることも忘れてはいけません。
楽しく釣りをする為に知っておく注(zhu)意(yi)点をご紹介(jie)します。

特(te)にオカッパリの場(chang)(chang)(chang)合(he)は、普段行きなれた釣(diao)り場(chang)(chang)(chang)でも雨によって滑(hua)りやすくなっていたり、場(chang)(chang)(chang)所によってはゆるくなって足場(chang)(chang)(chang)が崩れる可能性もあるので十(shi)分に注意しましょう。できれば、落(luo)水の危(wei)険に備えてライフジャケットなどベルトタイプでも良いので着用して釣(diao)りをすることをおすすめします。

又、特に川(chuan)やダム湖など急な雨によって起こる増水(shui)にも気を付(fu)けましょう。山やダムからの放水(shui)によって水(shui)位が上がり、逃(tao)げ場(chang)を失ってしまう事もあるので前もって天(tian)気予報や釣り場(chang)の情報をチェックしておきましょう。

雨天時にあると便利なアイテム

レインウェア

まずは必須といっても過言ではないレインウェア。透湿防水性の水をはじいてくれる雨の日の味方です!!
できれば上下セットで購(gou)入するのが、手(shou)っ取り早く簡単です。是非、釣具屋さんかアウトドア用品店で探してみましょう!!

長靴

雨の日の釣行では、ぬかるみや泥で汚れやすい上に足元が滑りやすいので足元を守ってくれる長靴を用意しましょう!!
個人的には、ひざ下くらいのロングタイプがおススメです。

まとめ

今回は雨のバス釣りについてご紹介しました。
雨はバスフィッシングにおいて、良い影響をもたらしてくれることが多い、楽しい釣りをさせてくれる要素にもなります。
しかし、楽しさを運んでくれる裏には危険(xian)も潜(qian)んでいます。ご紹介した釣り方や注意点(dian)を是非参考にして、安(an)全第一で雨の日(ri)のバス釣りを楽しみましょう。

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folder動画
local_offer
FUNDO

FUNDO

ネットで話題になっているあれこれ、ちょっと気になる雑(za)学(xue)など、暇(xia)な時間に見るのにちょうどいい話題をご提供します!

ウェブサイト:

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。