グルメスロット

スマートごみ箱が複合施設で導入、“デジタル農業”普及プログラムが南米で開始。企業のエコ活動まとめ

access_time create folderデジタル・IT

近年(nian)、温(wen)室効果ガスの排出を全体(ti)(ti)としてゼロとする「カーボンニュートラル」の取り組(zu)みが世界各(ge)国で行われている。具(ju)体(ti)(ti)的に、国内外企業がどのような取り組(zu)みを実施しているのか、気になる人もいるだろう。

そこで今回は、日本・海(hai)外(wai)企業(ye)が今冬に発表したサステナブルな施策を紹介していく。

IoTスマートごみ箱「SmaGO」がBiVi新さっぽろで運用

11月30日にオープンした大和リース(大和ハウスグループ)の複合商業施設“BiVi新さっぽろ”にて、IoTスマートごみ箱「SmaGO」の運用が開(kai)始された。

フォーステックがプロデュースするSmaGOは、米国Big Belly Solar社が開発したスマートこみ箱を活用したもの。

同製品ではゴミ箱内のセンサーがゴミを検知し、ゴミが溜まると自動的に圧縮。容量に対して5~6杯分である約600リットルのゴミを収容する。

通信機能を通じてゴミの蓄積状況をクラウド上でリアルタイムに把握(wo)し、ゴミの収集(ji)作業(ye)を効率化(hua)するため、回(hui)収コストや回(hui)収作業(ye)に伴うCO2排(pai)出(chu)量の削(xue)減が期待できる。

今回、BiVi新さっぽろで運用するSmaGOのラッピングデザインには、障害のある作家によるアートを起用。サステナブルで多様性を認め合う社会の実現を目指している。

参考元:

農学コンサルタントと生産者をつなぐBASFのプログラム

12月1日、ドイツに本社を置く総合化学メーカーBASFは、作物栽培最適化プラットフォーム「xarvio FIELD MANAGER」を通じて農学コンサルタントと生産者を結びつける「xarvio Agro Expertsプログラム」をブラジルで開始したと発表。

xarvio FIELD MANAGERとは、衛星画像(xiang)×AI分析(xi)による最先(xian)端(duan)の栽培管理支援システムだ。衛星画像(xiang)を使ったシステムで、真上から見た圃(pu)場の地力(li)ムラ・生育ムラを確認できる。

散(san)布(bu)天気予(yu)(yu)報では、1時間ごとの降水(shui)確率や風速をAIが分析し、農薬散(san)布(bu)に適した時間帯を提示。そのほか、生育ステージ予(yu)(yu)測・病害の発生リスク予(yu)(yu)測といった機(ji)能も搭載している。

今回(hui)開始したxarvio Agro Expertsプログラムでは、農学コンサルタントがxarviのデジタルソリューションを活用することで、特(te)に大豆、トウモロコシ、綿花の栽培管理を最(zui)適化し、圃(pu)場の生(sheng)産性を向上させることが可能に。

農(nong)学(xue)コンサルタントは栽培管理(li)に関する情報や知識(shi)を深め、サービスを充(chong)実(shi)させることができる。一方、生(sheng)産者はxarvio FIELD MANAGERと互換性のあるドローン、気象センサー、農(nong)業(ye)機械などの使用(yong)について、現場でサポートを受けられるようになる。

なお同プログラムはブラジルの8つの州(zhou)で導入済(ji)み。BASFは、この取り組みを他の市(shi)場でも展(zhan)開する準備を進めている。

参考元:

xarvio FIELD MANAGER:

今後も、国(guo)内外の企業のサステナブルな取り組みに注目していきたい。

(文(wen)・Haruka Isobe)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト:

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。