グルメスロット

コンパクトに折り畳めるe-Bikeから、クラシックバイク型のクールなモデルまで。注目の電動自転車3選

access_time create folderデジタル・IT

モーターで走(zou)行をアシストしてくれる“電動アシスト自(zi)転車(e-Bike)”。通常の自(zi)転車に比べて軽い力で運転でき、疲れにくいという便利なアイテムだ。

しかし、電動アシスト自転車を使用している人(ren)の中には「収納や持ち運びが不(bu)便」「充電がすぐに切れてしまう」「デザインが好みと合(he)わない」と悩(nao)む人(ren)もいるという。

そこで今回は、実用性の高いスタイリッシュな電動アシスト自転車を3つ紹介していく。

コンパクトに折り畳めるスタイリッシュな「F3」

まず紹介するのが、台湾発のe-Bikeメーカー“BESV”のエントリーブランドVotaniの電動アシスト自転車「F3」。

F3はフレーム・ハンドルの2つの折り畳み機能(neng)で、コンパクトに収納できるスタイリッシュなモデルだ。狭(xia)い場所での保管や、⾃動⾞への積載(zai)、運搬(ban)などが簡(jian)単(dan)で、畳んだ状(zhuang)態でも転がして移(yi)動できる。

乗る人のペダリングを感知(zhi)し、最適なアシストを自動出力する“オートアシストモード”を含む4モード(エコ/ノーマル/パワー/オート)を搭載しており、ペダルを強く漕げば強くアシスト、軽く踏めば優しくアシストする。

専(zhuan)用小型デジタルディスプレイは、シンプルで直感(gan)的な操作性に加え、LEDによる高い視認(ren)性と、ビープ音(yin)による認(ren)識性を備(bei)え、IPX5の高い防(fang)水レベルを確保。また感(gan)光センサーを内蔵(cang)しており、自(zi)動でON/OFFするオートライトを標準装備(bei)している。

携帯性・収納性の高さと操作(zuo)性を求める人にはぴったりだろう。

参考元:

製品ページ:

長時間走行とパワーで山の旅をサポートする「Kenevo SL 2」

2つ目に紹介するのは、米国のスペシャライズドが11月に発表した、オールマウンテンスタイルに適した電動アシスト自転車「Kenevo SL」の新型「Kenevo SL 2」。パワーとトルクが強化された新しいSL1.2モーターを搭載した新モデルだ。

SL1.2モーターは効(xiao)率(lv)的なe-Bikeシステムで、最大(da)限(xian)の重量航続(xu)距離を実(shi)現(xian)。前モデルより33%アップしたパワーが自然なペダリング感覚をもたらす。

また、最大トルクは43%アップの50Nm。壁のような急な上り坂を難なく駆(qu)け上がり、ロングライドをスピーディーにこなし、スピードで乗(cheng)り切(qie)るセクションでは勢いをより保てるようになった。

320Whのバッテリーを内(nei)蔵(cang)しており、最長5時間(jian)(jian)走行(xing)可能。160Whのレンジエクステンダーをボトルケージに差(cha)し込(込)めば、走行(xing)時間(jian)(jian)を7時間(jian)(jian)半にのばせる。長い山(shan)の旅(lv)のお供にいかがだろうか。

参考元:

製品ページ:

クラシックバイク型の電動アシスト自転車「UNIMOKE MK」

最後に紹介するのは、環境先進国ドイツ・ベルリン発祥のe-Bikeブランド“URBAN DRIVESTYLE”のファーストモデル「UNIMOKE MK」。

同モデルは、ロングシートが特(te)徴(zheng)的(de)なクラシックバイク型電(dian)動アシスト自転車。一見バイクに見えるそのクールなデザインは、ブランドのプロトタイプとして人気(qi)を誇っている。

車体には、丈夫で乗(cheng)り心地(di)の良いクロモリフレームに、クッション性の高いロングシート、SHIMANO7段変速機と5段階のアシストモード、Panasonic製リチウム電池などを搭載。最(zui)高積(ji)載重量は150kgで、最(zui)長航続距離(li)は60kmだ。

なお、UNIMOKE MKは12月1日(金)より大阪のラグジュアリー・ライフスタイルホテル「W大阪」にて宿泊(bo)者向け有料サービスとしてレンタル提供されている。

日本の美しい四(si)季の移ろいや、その土地の風をダイレクトに肌(ji)で感(gan)じられる移動手段(duan)としての魅力を体感(gan)してみてはいかがだろうか。

参考元:

製品ページ:

電気エネルギーで走行をすることから、二酸化(hua)炭素(su)を排出(chu)しない環(huan)境に配慮(lv)した次世代モビリティーと言われている電動アシスト自転車。快適な移動だけでなく、サスティナビリティな環(huan)境づくりに貢(gong)献するアイテムとして今後も活(huo)用が広がりそうだ。

(文・Haruka Isobe)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト:

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。