グルメスロット

食材情報にも瞬時にアクセス、従業員教育に革新を。米SoundHound AI、レストラン向けの音声AI製品を発表

access_time create folderデジタル・IT

2023年、AIはシンギュラリティ(人間を超える知能)誕生(sheng)元年とも呼ばれ、OpenAIをはじめとするさまざまなAIテック企(qi)業が話題となった。米国(guo)のテックスタートアップ業界は、画期的な技(ji)術革新により、ビジネスと日常(chang)生(sheng)活に革命をもたらしている。

この中では、外食産業(ye)の分(fen)野で革(ge)新的なサービスを提供し、業(ye)界に新たな風(feng)を吹き込(込)んでいる。

音声認識技術を開発するSoundHound AI

より引用

レストランやファストフード店における従業員の不足(zu)は全(quan)世界的に話題となっており、またその教(jiao)育(yu)は多くの経(jing)営者(zhe)を悩ませてきた。そこへ革新的な風を送り込んでいるのがSoundHound AIだ。

米国(guo)に本社を置くSoundHound AIは設立以降、音声(sheng)認識技(ji)(ji)術(shu)の開(kai)発、音声(sheng)AIプラットフォームの提供などを行ってきた。現(xian)在は世界中(zhong)に拠点を持ち、HONDAやOloをはじめとするさまざまな企業(ye)に技(ji)(ji)術(shu)を提供している。

創業者(zhe)Keyvan Mohajer氏(shi)は、それまでにも数々のドットコム企業を設立してきた。同氏(shi)はSoundHoundの設立以降、一貫して周(zhou)囲のデバイスと自然に対話(hua)できるプラットフォームの開(kai)発(fa)を目(mu)指し、さまざまな技(ji)術を研(yan)究してきた人(ren)物。これまでの経験と実績、さらに時代の変(bian)化が、同社の製品開(kai)発(fa)を実現した。

革新的な音声AIで従業員をサポートする「Employee Assist」

より引用

SoundHound AIは、最先端の音声AI技術(shu)を活用してレストランの従業員をサポートする新(xin)たな製品「Employee Assist」を2023年11月16日(ri)にリリースした。

この製品(pin)では、レストランの従業(ye)員がヘッドセットやタブレットを通(tong)じて、食材情報(bao)、業(ye)務タスクなどへ瞬(shun)時にアクセスできる。

特(te)に労働力不足(zu)や従業員の高い離職率が問(wen)題となる現代において、従業員が新(xin)人であっても必(bi)要な情報に即座にアクセスできることは大きなメリットである。

また、従(cong)業(ye)員は自然な人間の話し言葉(xie)をそのまま使用でき、手袋を外したり、マニュアルを参照したり、他(ta)の従(cong)業(ye)員を邪魔したりする必要(yao)がない。

既存の業界へのイノベーション、未来への一歩

SoundHound AIは、外食産業においてAI技術を応用することで革(ge)新的なサービスを提(ti)供し、飲食業界のビジネスモデルと市場の動向に大きな影響を与えている。

これまで蓄積(ji)してきた音声認識技術とAIが融(rong)合した同社の製品は、まるでオーナーや同僚のチームに話しかけるようにして、オペレーションの手順(shun)を知ることができる。

日常にすでにあるものに溶け込(込)んだ、技術革新。「これが一歩先(xian)の未(wei)来」ではなく、「現在」として存在する。このイノベーションは、今後も業界の発展に重要な役割を果たすだろう。

SoundHound AIによる技術革新(xin)は、ビジネスと日常(chang)生活(huo)をより効(xiao)率的で創造的なものに変えていくことが期(qi)待されている。

参考・引用元:



文(wen)・Alley(有吉隆浩)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト:

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。