グルメスロット

世界の刀ゲーマー必見?インドの人気ブランドboAtからゲーミング・イヤホン「Immortal Katana Blade」登場

access_time create folderデジタル・IT

boAtはインドで今人(ren)気上昇中のライフスタイルブランドの1つ。11月(yue)、同(tong)ブランドがメタリックなゲーミング・イヤホン「Immortal Katana Blade」をリリースした。

「Immortal」は日本語で不死を表し、「Katana Blade」 は、刀の刃を意味する。まさに切れ味抜群の(もちろん本当に切れるわけではない)“侍の刀”をイメージしたイヤホンだ。

刀系ゲーマーにはたまらないデザイン、効果音の仕掛けも

「Immortal Katana Blade」は、いわゆる“刀(dao)(dao)系ゲーマー”には堪(kan)らないイヤホンだ。メタル仕(shi)上げのスライドケースにはLEDライトが搭載され、さながら小型(xing)宇(yu)宙船のよう。スライドケースを開(kai)けると、刀(dao)(dao)を研ぐような効(xiao)果音が出て、2本の刀(dao)(dao)イヤホンが並(bing)んで収納されている。

イヤホンはワイヤレスで、TypeCのUSBケーブルで充電できる。Bluetooth V5.3にも接続(xu)可能だ。

フル充電時間は1時間~2時間程度、1回の充電で50時間稼働できることから、長時間プレーヤーでも中断することなくゲームに没頭できるだろう。13㎜のドライバーサイズ、周波数20Hz~20KHzと見た目だけでなくスペックも申し分ない。

イヤホンにはRGBが実(shi)装(zhuang)されていて、数百種類の絶妙なトーンで光加(jia)減を調整できる。

「Immortal Katana Blade」は、刀系ゲームプレーヤーの趣向やニーズをとことん追及したライフスタイルアイテムだ。boAtの開発者いわく、それこそ「忍者のように」プレイできるらしい。

boAt運営会社、近々株式上場を狙っている?

ちなみに、boAtの運営会社(she)は、IMAGINE MARKETING LTDだ。同社(she)は、2013年(nian)設立のインドのtechスタートアップで、実(shi)は2、3年(nian)前からIPO(株式市場(chang)に上(shang)(shang)場(chang)開始(shi))を狙(ju)っている。一(yi)時は2022年(nian)に上(shang)(shang)場(chang)予(yu)定とされていたが、コロナウイルスの影(ying)響(xiang)などから遅延している状況にある。

現(xian)時(shi)点(2023年(nian)11月)では、まだ国(guo)内では「Immortal Katana Blade」は取り扱いがないようだ。またはインドのネット通(tong)販なら購入(ru)できる。ただ、刀系ゲームは日本(ben)を筆頭に世界中で人気だ。IPO実現(xian)の突破口として、近いうちに日本(ben)も含めた海外で販売される可能性はあるかもしれない。

参考元・引用元:

(文・)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderデジタル・IT
local_offer
Techable

Techable

ウェブサイト:

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。