グルメスロット

経済学者・成田悠輔さんが語る「これから価値が高まるもの」→ 株か? 金か? 外貨か? 意外なものだった

access_time create folder政治・経済・社会

番組コメンテーターや司会者としても活躍している経済学者・成田悠(you)輔さん。彼(bi)が自身の公式X(旧(jiu)Twitter)で「これから価値が高まるもの」について語り、多くの人たちが賛同している。

リアルに「故郷や家族」の価値が高まる

成田悠(you)輔さんによると「これから価(jia)値(zhi)が高(gao)まるのは故郷(xiang)や家族(zu)」とのこと。おそらく、成田悠(you)輔さんはエモーショナルな意味(wei)でそう言っているのではなり、リアルに「故郷(xiang)や家族(zu)」の価(jia)値(zhi)が高(gao)まると話していると思われる。

<成田悠輔さんのXツイート>

「これから価(jia)値が高まるのは故(gu)(gu)郷や家族。会社(she)やコミュニティをこれだけ誰でも作れるようになると「新(xin)たに作ることができない懐かしい場所や人(ren)」の希(xi)少価(jia)値が目立(li)ちはじめる。懐かしさは量産できないという常識(shi)を壊そうと、故(gu)(gu)郷や家族の人(ren)工(gong)化やシェアやサブスクが台頭することになる」

持たない者にとってそれは「渇望の対象」

「新たに作(zuo)ることができない懐かしい場所(suo)や人の希少価値が目立ちはじめる」と語(yu)る成(cheng)田悠(you)輔さん。確かに、作(zuo)れない、作(zuo)りにくいものは価値がある。ナチュラルな故(gu)郷や家族(zu)を持っている人にとってそれは大きな価値となるが、持たない者(zhe)にとってそれは「喉から手が出るほど欲しいもの」「渇(ke)望の対象」ということに!?

すでにレンタル彼氏やレンタル家族などがビジネスとして成立

さらに「故郷(xiang)や家(jia)族(zu)の人工化やシェアやサブスクが台頭することになる」としているが、すでにレンタル彼氏やレンタル家(jia)族(zu)などがビジネスとして成立している。もはや故郷(xiang)や家(jia)族(zu)の価値は高まっているといえるかもしれない。


※冒(mao)頭(tou)イメージ画像はフリー素材サイト『写真AC』より

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folder政治・経済・社会

ガジェ通ウェブライター

ウェブサイト:

TwitterID: anewsjp

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。