グルメスロット

ラーメンライター井手隊長の美味しかったラーメン月間ベスト5(2023年11月)

access_time create folderグルメ

全国のラーメンを食(shi)べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。今(jin)回は私が11月に食(shi)べたラーメンの中で美(mei)味(wei)しかったラーメンベスト5をお届けします! 殿堂入りのお店は除外させていただき、初めて訪れたお店に限(xian)らせていただきました(ラーメンイベントで食(shi)べたラーメンも除く)。美(mei)味(wei)しいお店探(tan)しの参(can)考にしていただければと思います。それでは発表します!

第5位:中華そば専門店 勝や(梅ヶ丘)

小田急線・梅ヶ丘駅前にある“永福町大勝軒”出身(shen)のお店。2006年にオープン。

「中華麺 半々」を注文(wen)。「半(ban)々」は麺量が半(ban)分になり(通常は2玉ある)、代わりにチャーシューかワンタンが追加(jia)されるサービス。具(ju)はチャーシュー、ワンタン、ナルト、メンマ、ゆず皮、ネギ。麺は中細(xi)ストレート。

煮干しのよく効いたじんわりした醤油スープで、永福町ほどはラードの熱々感(gan)はなく、素朴な仕上がり。とんでもなく美味しい。チャーシューは分厚く肉感(gan)がしっかりしていて、ワンタンはふわとろ。ゆずがほんのり香るのも心地よく、他(ta)に何もいらない完成度(du)。

第4位:麺尊RAGE 麻布台ヒルズ(麻布台ヒルズ)

 

11月24日にオープンした麻布台ヒルズ“麺尊 RAGE”がオープン。「ミシュランガイド東京」ビブグルマンを8年連続受賞している実力店(dian)。

「特製軍鶏そば」を注文。具は軍鶏(ji)のモモと胸のチャーシュー、低温調理の豚チャーシュー、味玉、メンマ、三(san)つ葉(xie)、ネギ。麺は低加水の細めストレートの三(san)河屋製麺製。

軍鶏(ji)丸鶏(ji)、軍鶏(ji)ガラ、金華ハム、昆(kun)布(bu)などの乾物を合わせたスープに数種の醤油(you)を使った醤油(you)ダレを合わせる。クリアな清湯だがダシ感、醤油(you)感ともにしっかり感じるバランスの良い仕上がり。本当に美(mei)味しい。

ミニスパイスカレーもオススメ。思った以上にスパイシーで本格的で、ラーメンの味が霞むかなと思いきや、スープとの相性がバツグンだ。

第3位:横浜家系ラーメン 黄金家(黄金町)

2018年(nian)オープンの横浜家系ラーメンの人気(qi)店。この辺りは完全に昭和の面影が残る歓楽街。

「並盛ラーメン」をいただく。具はチャーシュー、ほうれん草、ノリ2枚。麺(mian)は太めの長多家(jia)製(zhi)麺(mian)製(zhi)。

スープは少ししょっぱめとはいえ、豚骨の骨感(gan)と醤(jiang)油(you)ダレのバランスが最高で、じんわりまろやかな美味(wei)しさ。麺も良いモチモチ感(gan)。ほうれん草もたっぷりで嬉しい。

卓上の行者ニンニク、豆(dou)板醤、ショウガで味(wei)変してもまったく味(wei)が壊れず、しっかりと美(mei)味(wei)しい。横浜の家系ラーメン店の中(zhong)でもかなりオススメ。

第2位:上海軒(新潟・直江津)

新潟の上(shang)越市(shi)にある直江(jiang)津駅(yi)から近くで海の近くにあるお店。昭和9年(nian)創業(ye)という老舗。

注文は「ラーメン(小)」。具はチャーシュー、メンマ、ネギ。麺は細(xi)め角切りストレート。

油の浮かない澄んだ醬油スープながら煮干(gan)しの効(xiao)き方が最高。これは相当(dang)の量を使っていると思われる。ここに合わせる麺は日本そばのようなしなやかなストレート麺。小ぶりながら味(wei)の染みたチャーシューやメンマも美味(wei)しい。

上品ながらこの煮干(gan)し感、なかなかお目にかかれない。最高!

第1位:食堂ニューミサ(新潟・上越)

1967年オープンで1991年から現在の地で営業する“ニューミサ”。ロッジのような外観で国道沿いのドライブインのような大箱のお店(dian)。「ミシュランガイド新潟(xi)」受賞店(dian)。

「みそラーメン」を注(zhu)文(wen)。具はタマネギ、ひき肉(rou)、モヤシ。麺(mian)は太めストレートの自家製麺(mian)。豚、鶏、カツオ節(jie)、野菜(cai)などでとったスープに白(bai)味噌(cheng)を合わせ、生(sheng)ニンニクを加えて、野菜(cai)と共(gong)に煮込(込)むのがミサ風。

コクのある味噌スープで動物(wu)系の厚みもいい感(gan)じで、ここにニンニクが効いていて最高。プリプリの麺もいい主張で、クタッとした野菜との食感(gan)のコントラストもいい感(gan)じ。

雪(xue)国の味噌ラーメンにピッタリなビジュアルと美味しさ。中(zhong)毒性(xing)もバッチリでまさにオンリーワンな一杯。

※こちらのランキングは筆者のYouTubeでも紹介しています。合わせてチェック!

(執筆者: 井手隊(dui)長)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folderグルメ

ガジェ通ウェブライター

ウェブサイト:

TwitterID: anewsjp

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。