グルメスロット

アジア特化型に舵をきった東京国際映画祭 見えてきた課題

access_time create folder映画

12月22日に日本公開を控える『PERFECT DAYS』の監督ヴィム・ヴェンダースをコンペティション部門の審査(cha)委員長に迎えて開催された第(di)36回(hui)東京国際映画(hua)(hua)(hua)祭が11月1日に閉幕した。立東舎刊『押井守の映画(hua)(hua)(hua)50年50本』『映画(hua)(hua)(hua)の正体 続編の法則』の編者で映画(hua)(hua)(hua)翻訳家でもある鶴(he)原(yuan)顕央が今年度の東京国際映画(hua)(hua)(hua)祭を総括する。

東京グランプリは『雪豹』

コンペティション部門の最高賞である東京(jing)グランプリを受賞したのはペマ・ツェテン監督の『雪(xue)豹(bao)(bao)』。チベット高山(shan)の羊飼(si)いが「うちの羊が食われた」として雪(xue)豹(bao)(bao)を囲(wei)いに捕らえるが、当局としては雪(xue)豹(bao)(bao)は絶滅危惧の保護動物(wu)だから「いますぐ解放しろ」と迫る。当局に賠償を求める羊飼(si)いの長男(nan)(nan)と、その雪(xue)豹(bao)(bao)との過去の出会(hui)いをきっかけに僧侶に転(zhuan)向(xiang)した次男(nan)(nan)。映画は、ローカルテレビ局のレポーターが車で現地に向(xiang)かい、その途中で次男(nan)(nan)と合流するところから始まる。世(shi)間では「雪(xue)豹(bao)(bao)法(fa)師」と呼(hu)ばれている穏やかな表情の次男(nan)(nan)。このレポーターと雪(xue)豹(bao)(bao)法(fa)師は実(shi)は同級(ji)生で、彼ら2人(ren)(ren)がメインキャラクターなのかと思いきや、話は弁償を求めていきり立(li)(li)つ長男(nan)(nan)のほうにシフトしていく。押し問(wen)題を繰り返す長男(nan)(nan)と保護局員を仲裁すべく地元警察も駆けつける。カオスと化(hua)していく物(wu)語(yu)の中で、協(xie)調できない個々の人(ren)(ren)間の孤(gu)立(li)(li)感と、捕らえられた雪(xue)豹(bao)(bao)の(孤(gu)立(li)(li)感ではない)孤(gu)高さが浮(fu)かび上がってくる。そして雪(xue)豹(bao)(bao)と人(ren)(ren)間たちが行(xing)きつくラスト。監督のペマ・ツェテンは5月に急死(si)しており、監督不在のままの大賞受賞となったが、審(shen)査(cha)会(hui)議で満場一致だったことにも納得できる渾(hun)身の映画である。

クロージング上映は『ゴジラ-1.0』

©2023 TOHO CO., LTD.

今(jin)回の東(dong)(dong)京(jing)国(guo)(guo)際(ji)映(ying)(ying)(ying)(ying)画(hua)祭(ji)(ji)はオープニング作品(pin)としてヴィム・ヴェンダース監督の『PERFECT DAYS』が上映(ying)(ying)(ying)(ying)され、クロージングには山崎貴監督の『ゴジラ-1.0』が選ばれた。映(ying)(ying)(ying)(ying)画(hua)祭(ji)(ji)最(zui)終日の上映(ying)(ying)(ying)(ying)では海(hai)外(wai)(wai)からのマスコミやコンペティション部門で参加(jia)した来日ゲストも『ゴジラ-1.0』を鑑(jian)賞(shang)し、上映(ying)(ying)(ying)(ying)後は映(ying)(ying)(ying)(ying)画(hua)館のグッズ売(mai)り場に客が殺到した。映(ying)(ying)(ying)(ying)画(hua)祭(ji)(ji)としては稀(xi)有な熱狂だった。いまアメリカをはじめとした諸外(wai)(wai)国(guo)(guo)で大ヒット中(zhong)の『ゴジラ-1.0』の話題の先(xian)陣をきったという意味では快挙であり、映(ying)(ying)(ying)(ying)画(hua)祭(ji)(ji)のクロージング作品(pin)として日本(ben)映(ying)(ying)(ying)(ying)画(hua)を上映(ying)(ying)(ying)(ying)することで開催国(guo)(guo)としての面目(mu)を保ちつつ、しかも海(hai)外(wai)(wai)でも有名なタイトルで、エンタメ映(ying)(ying)(ying)(ying)画(hua)。東(dong)(dong)京(jing)国(guo)(guo)際(ji)映(ying)(ying)(ying)(ying)画(hua)祭(ji)(ji)のクロージング作品(pin)としては近(jin)年稀(xi)に見る成功例だが、『ゴジラ-1.0』自(zi)体は映(ying)(ying)(ying)(ying)画(hua)祭(ji)(ji)開幕(mu)よりも前の10月20日に新宿でレッドカーペットイベントとワールドプレミア上映(ying)(ying)(ying)(ying)をすでにやっているから、映(ying)(ying)(ying)(ying)画(hua)祭(ji)(ji)での上映(ying)(ying)(ying)(ying)が初披露ではないのだ。これはオープニング作品(pin)の『PERFECT DAYS』もしかりで、春のカンヌ映(ying)(ying)(ying)(ying)画(hua)祭(ji)(ji)で主演の役所広司が最(zui)優秀(xiu)男優賞(shang)を受賞(shang)済み。映(ying)(ying)(ying)(ying)画(hua)祭(ji)(ji)としてのプレミア感がゼロなのだ。オープニングとクロージングは映(ying)(ying)(ying)(ying)画(hua)祭(ji)(ji)の顔(yan)であるから、世(shi)界初上映(ying)(ying)(ying)(ying)作品(pin)を用意した今(jin)年のベルリンやヴェネツィアといった国(guo)(guo)際(ji)映(ying)(ying)(ying)(ying)画(hua)祭(ji)(ji)と比(bi)較すると、とても情(qing)けない。

見えてきた課題

 日(ri)本を舞台(tai)にした『PERFECT DAYS』で幕を開け、日(ri)本映(ying)(ying)画(hua)(hua)(hua)の『ゴジラ-1.0』で閉幕し、コンペティション部門全(quan)15作(zuo)(zuo)品(pin)中、日(ri)本映(ying)(ying)画(hua)(hua)(hua)が3作(zuo)(zuo)で、中国(guo)映(ying)(ying)画(hua)(hua)(hua)も3作(zuo)(zuo)。完(wan)全(quan)にアジア映(ying)(ying)画(hua)(hua)(hua)メインのラインナップに舵をきった。カンヌやヴェネツィアとの差別化という意(yi)味ではそれでもいいのかもしれないが、アジア映(ying)(ying)画(hua)(hua)(hua)を豊富にラインナップすることと、アジア映(ying)(ying)画(hua)(hua)(hua)の中心(xin)であろうとすることは別だ。アジア映(ying)(ying)画(hua)(hua)(hua)に特化してもいいが、はたしてそれは国(guo)際(ji)映(ying)(ying)画(hua)(hua)(hua)祭(ji)(ji)なのかという問題があるし、韓国(guo)やシンガポールをはじめとしたアジア7カ国(guo)の映(ying)(ying)画(hua)(hua)(hua)業界が連(lian)携を宣言したAFAN(アジアン・フィルム・アライアンス・ネットワーク)に日(ri)本は不参加。AFANが東京(jing)国(guo)際(ji)映(ying)(ying)画(hua)(hua)(hua)祭(ji)(ji)の母体(ti)であるユニジャパンと文化庁に連(lian)絡を取(qu)ったものの、担当部署が分からないとして連(lian)絡が途絶(jue)(jue)えてしまったとされている。アジア映(ying)(ying)画(hua)(hua)(hua)に特化していくと表明しているわりにはちゃんと機(ji)能していない。もちろん正(zheng)しく機(ji)能していくべきであるが、アジア映(ying)(ying)画(hua)(hua)(hua)のみに特化していくことは国(guo)際(ji)映(ying)(ying)画(hua)(hua)(hua)祭(ji)(ji)としての可(ke)能性(xing)を狭めることにもなる。これまで築き上げてきた欧米のフィルムメイカーたちとのコネクションが途絶(jue)(jue)えていくことになるし、コンペティション部門に応募しても選(xuan)出される可(ke)能性(xing)が低いとなれば非アジア映(ying)(ying)画(hua)(hua)(hua)は東京(jing)国(guo)際(ji)映(ying)(ying)画(hua)(hua)(hua)祭(ji)(ji)を敬(jing)遠(yuan)していくようにもなるだろう。世(shi)界の映(ying)(ying)画(hua)(hua)(hua)を揃えることで、世(shi)界のいまが見えてくる。それが映(ying)(ying)画(hua)(hua)(hua)祭(ji)(ji)の役(yi)割であり、まして国(guo)際(ji)を名乗る映(ying)(ying)画(hua)(hua)(hua)祭(ji)(ji)であるならばなおのことだ。映(ying)(ying)画(hua)(hua)(hua)祭(ji)(ji)としてアジア映(ying)(ying)画(hua)(hua)(hua)を拡充させていく新しい方向(xiang)性(xing)は見えてきたが、だからといって世(shi)界から孤立してはいけない。

本文:鶴原顕央

『映画の正体 続編の法則』

著者: 押井守
定価: 2,200円(本体2,000円+税10%)
発行: 立東舎

気がつけば興行(xing)収入ランキングの上位(wei)を占めるのは続(xu)編映画ばかり。そんな時代だからこそ、続(xu)編映画を通して映画の正体に近づいていきたい。人(ren)はなぜ続(xu)編映画を作り、シリーズものを見に行(xing)き、あまつさえリブートを企画するのか。自らを続(xu)編監(jian)督(du)と自認する押井守監(jian)督(du)が、その秘密に迫ります。第7章(zhang)に〈ハリウッド版『ゴジラ』と国難(nan)映画〉を収録(lu)。

(執筆(bi)者: リットーミュージックと立東舎の中の人)

▼ガジェット通信が送るミニゲームシリーズ!
スキマ時間にどうぞ!
access_time create folder映画

ガジェ通ウェブライター

ウェブサイト:

TwitterID: anewsjp

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。